ヘッドを浮かせたアドレス | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

少し古い話ですが「富士通レディス2018」でこの年3V目を飾った成田 美寿々。

 

この試合から、アドレスでヘッドを浮かせたストロークを始めたそうです。「週刊パーゴルフ」(2018年NO.39)から一部を引用させていただきます。

 

ーーーー

(ヘッドを浮かせたアドレスをすることで)ボールの転がりが良くなった。

 

ヘッドを接地して構えるとテークバックでヘッドをズズズッと引きずってしまい、その反動でインパクトのときにパンチが入っていた。

 

ストロークのリズムも乱れるため、特に速いグリーンではタッチが合わなかった。

 

ヘッドを浮かせて構えると、地面との摩擦がないぶん、スムーズに上がるので自分本来のリズムでストローク出来、タッチも合うようになった。

ヘッドを浮かせると言っても肘を大きく曲げるのではなく、浮かせたい分だけパターを短く握る。

 

そして腹筋に力を入れ、左肩甲骨から始動する。

この時、体で動かす部分は、胸よりも上だけ。

 

ヘッドや手元から始動するとストロークの軌道が狂いやすいので、左肩甲骨から始動している。

ーーーー

 

飛ばしの指導者安楽卓也さんはドライバーでヘッドを浮かせて構えることを推奨しておられます。これはヘッドスピードを上げることが一義的なことだと思いますが、スムーズにテークバックするということでは共通のことと思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。