ヘソを意識する | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

パットでは頭を動かすなとか目でボールを追うなとか言われます。

分かっていてもそれが出来ない方は多いようです。

 それは自分で頭と動かしたり、目線を切っているということが認識できないことにあります→「3つの約束事」

 パットでは生意気なことを言ってるGreen Keeperですが、アプローチイップスからの生還で苦労したのは、同じ理由だと考えています←今になってからだから言えるのですが(笑)。

 

ショットの場合、軸を動かさないことを行う場合、頭を動かすなとか左に壁を意識せよとか、ダウンで左頬の左に壁があることを意識せよとかいろいろと言われていますし、それを実現するためには軸のつくり方をどうこう(腹筋を締めるというやり方や背筋に注力するというやり方など)するというのと同じように、人それぞれ自分に合ったやり方があると思います。

 

先日ある方とこのことについて話していた時に思いついたのですが、自分のヘソを意識してはどうか、と思った次第です。

 

内緒でやってみたところ、使えそうです。

私は長年かかって頭不動を身に付けているので、今から切り替えるのはリスクが高いから本格的には使えそうもないですが、、、(笑)。

このやり方がはまる方もおられるような気がします。

 

但し、ヘソを意識するやり方は臍不動はパットのみ。短いパットで特に効果があるように思いますが、ロングパットやアプローチではむしろ臍の左右回転でクラブをリードするという意識の方が安定したストロークになると思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。