フォワードプレス | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ゴルフ三一」さんが記事になさってました→「パッティング時のフォワードプレス」ので、鈴木愛のストロークを思い出しました。

 (記事中、三觜喜一さんのYouTubeが紹介されてますが、そこではフォワードプレスのことは紹介されてません、ストロークについての動画です)

 

鈴木愛のパッティングについてはいろいろなメディアで紹介されていますが、私(Green Keeper)的に注目しているのがフォワードプレス(FP)です。

 動きが小さいので気づかない方が多いのですが、必ずFPをやってからテークバックに入ります。これでテークバックの始動をスムーズに行えるからです。

 私も必ずFPをやりますが、もっと大きくやります。5cmくらいカップ方向へ手首を動かしてから固定し、その手首の角度をフィニッシュまで崩さないでストロークします。

 昔の女子プロはショットでも(テークバックのタイミングをとるために)やってる方が多かったのですが、今は見かけなくなりました。

 

「パッティングの教科書」(芝草順二著 マサランド刊)では「ロフトがゼロ(*1)になるようにFPをする。そしてストローク中は、一切手首を動かさないようにする」と指導しています。ロフトがゼロになることを確認するには、左目で見ていてフェースが見えなくなったところがゼロですから、容易に確認出来ます。

 

ロフトがゼロでインパクトするという根拠について著者は何も触れていませんが、実はこれが最も転がりを良くする打撃条件です→「理想の打撃条件とは」

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。