自分に合うスタンス | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ショットでもパットでも、人それぞれに取りやすい姿勢があり、上級者や指導者がやっていることや指導内容が必ずしも自分に向いているやり方とは限らないというのがゴルフの難しさで、パットのスタンスについては「オープンスタンスかクローズか」でUPしました。

 

この↑記事ではそれぞれの特質について示されていて、自分で悩むのではなく、自分に合うかどうかで選べばよいと仰ってます。

 

それに向きだけでなくスタンス幅の広さや左右の体重配分なども人それぞれ固有の適値があります。

 

自分の課題を整理して、それをクリアするには何に取り組めばよいかと見つけ出して練習すると意外に早くクリアできると思います。

その場合、上手くいくようなってから時間がたつとその本来の課題を忘れたり、解決策(開眼の内容)を忘れてしまいますので、練習帳の活用(→「自作練習帳」)をお勧めいたします。

 

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。