フィニッシュを決める | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

フィニッシュが決まったスイング。格好いいですし、その場合は必ず良いショットになっていますね。

パットでも同じで、フィニッシュが決まってると、良いパットになっています(結果がパップインしたかしなかったではないですが)。

 

このことについて漠然と以上のように考えていましたが、江連忠さんは次のように解説しています。

「週刊ゴルフダイジェスト」(2015年NO.45)から一部を引用させていただきます。

 

「自分に合った方法を見つける」に続いています。

 

 

ーーーー

ボールが止まるまでフィニッシュを崩さない。

 

そういうストロークができた時のフォローが自分に合ったフォローの大きさ。

ーーーー

 

フィニッシュがだらだらとしていては転がり距離もダラダラでどこに止まるか距離も不安定になります。

ビシッと決まったフィニッシュを続けながら、距離勘を出す練習が良いというご指摘ですね。

 これも距離の大小にかかわらずスムーズに出来るとパットの安心感が増すと思います。

 

些細なことのようですが、距離勘を醸成するときには大切な指針だと思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。