ドローを打つイメージ⑤ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ドローを打つイメージ④」に続きます。

 

 

ーーーー

ヘッドをアーチ状に動かす感覚を覚えるために、ボールと体の距離を離してアドレスしてみてください。普段よりもボール1個分ほど遠ざけると、アーチ状のヘッド軌道をイメージしやすくなるはず。

 

フェースを開かないようトルクを管理し、体の回転で球を捕まえるのがドロー系パットのカギ。

 

実はこの動き、ショットにも共通する重要ポイント。

ショットで球が捕まらない人は、トルクと軌道を意識すると、球筋も飛距離もガラリと変わります。

ーーーー

 

ショットでの「フェース管理」と同じイメージですね。

昔、プロはショットでのフェース管理を行っていると聞きました。彼らは一般にダウンに入る段階でそれを始めるようでですが、私はテークバック開始の段階でフェース管理を始めてそれをインパクトまで保つ意識でやっていますので、パットで伊澤さんが指摘されている内容が分かりやすいです。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。