ドローを打つイメージ④ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ドローを打つイメージ③」に続きます。

 

 

ーーーー

当たり負けしないインパクトを覚えたら、次はヘッド軌道で球をつかまえる感覚を身につけよう。

 ショットでドローを打つときはインサイドからヘッドを入れるが、パットでも同じ。

 手先でコントロールせずに、体をしっかり回転させてアーチ状にヘッドを動かす。首の付け根を支点にして腹筋や体幹・胸板など自分が意識しやすい体の部位を回転させると、軸ブレしにくくなる。

 

ここで注意したいのは、ヘッド軌道に対してフェース面をスクエアにし続けること。つまり、フェースをローテーションさせて球を捕まえに行くのではなくフェース面側にトルクをかけて(*1)ハンドファーストの形をキープしてストロークすること。手首を使うとフェースの向きが変わって打ち出し方向が変わってしまう。

ーーーー

 

*1:フェースを閉じてハンドファーストにしながらもラインにスクエアな構え。

 ショットやパットでハンドファーストで構えたり、フォワードプレスる方はこの感覚が分かりやすいですね。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。