強気真っすぐの限界長さ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ダボチンガーさんの「スピード」で、ショートパットの極意が示されていますが、どこまでの距離であれば、強気真っすぐに打ったらよいのか、その境界線は何メートル?という記事がありましたので「週刊パーゴルフ」(2020年NO.13)から一部を引用させていただきます。

 元タイトルは”ショートパット「強気で真っすぐ」境界線は何メートル?”で、解説は小林大介さん。

 

ーーーー

ショートパットを入れるには「真っすぐ強めに打つ」のがいいと言われる。確かにプロも強めだが、何故プロは強めに打つのか、ヘッドが減速すると打ち出しがぶれるからである。

ショートパットは入れるのが目的(寄せるのではない!)なので、強めに打つのが理に適っている。

イメージとしてはバスケットボールのバックボードに当てるイメージ。

 

強めに打つメリット

①方向性が良くなる

一定のスピードを維持した方が思ったところへ打ち出しやすい

②カップ際に強い

弱いと微妙な凹凸や芝目の影響を受けてしまう

③”迷い”がなくなる

そもそもタッチが決まならければラインは読めない。強めに打つと決めるだけで迷いが消える。

 

強めに打つコツは

①まず80cmの距離からピン(あるいはカップ奥の土手)に当てて入れる練習をする。意外に強くても入ることが分かる

②テークバックなしでストローク

方向性を良くするのが強く打つ目的。ヘッドが減速したら意味がない。

フォローだけで転がす練習で加速させて打つ感覚を学ぶ

③フォロー迄しっかり顔を残して打つ

ヘッドアップすれば台無し。フォローまでしっかり顔を残して打つことを意識する

 

このやり方がどこまで使えるかだが、1.2mが上限。

それ以上長いとピンに当てて入れるということが出来なくなって、オーバーするというデメリットの方が大きくなってしまう。

なので

①カップまでの距離が1.2m以内

②狙いがカップからはみ出さないこと

が。この打ち方の条件となる。

ーーーー

 

ダボチンガーさんの記事を拝見してから、私も練習してます。

私は1m先のボールに当てるようにしています。タッチは1mオーバーです。従来は50cmオーバーのタッチを至上としてきましたが、ショートパットでは1mオーバーのタッチで1m先のボールに当てます。

 良い感触ですので、続けます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。