技術の問題 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

アマチュアが1mのショートパットを外すのは技術の問題、と指摘するのは江連忠さんです。

「週刊ゴルフダイジェスト」(2019年NO.2)から一部を引用させていただきます。

 

ーーーー

プロはともかくアマがショートパットを外すのはほぼ技術の問題。

試しに1m先のボールに当ててみる。

これが100発100中じゃないのは技術に問題がある証拠。

 

先ずはアドレスでフェースを目標にスクエアに合わせ、スクエアにインパクトする必要がある。これを磨くには1m先のボールに当てるのが一番。ストローク中に体が動いたり、気持ちが決まっていないとミスになる。

 

体を安定させるには目線を安定させることが大切。そのために目をつぶって打ったり、ディンプルの1点に集中して打つ。

 また、J・スピースのようにカップを見ながら打つのも良い。

 

短いパットを外すときは時間のかけすぎも原因。

構えてから時間をかけると迷いが生じる。なので、ルーティンを決めて構えたらすぐ打つクセをつける。

 

短いパットを外すと心のせいにしがちだが、これらの技術を身に着けないうちは心のせいにしてはいけない。

ーーーー

 

「ダボチンガー」さんが、ショートパットの極意を記事になさっています。

テーブルの丸脚に1mからのパットを当てて、元の位置まで戻す練習です。脚の真ん中に当たらないと真っすぐは戻りませんし、強さも多分1.5mくらいオーバーのタッチが必要で、これで強気のショートパットが身につくように思います。

 詳しくは→「スピード」を参照願います。

 

私もこれに取り組み始めましたので、追って記事にしたいと思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。