ヒールを浮かせて打つ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

2019年VISA太平洋マスターズでアマチュアVという快挙の金谷拓実さん。パットが決まっていたのが印象的でしたが、ヒールを浮かせてストロークするパットについて江連忠さんの解説がありましたので、「週刊ゴルフダイジェスト」(2020年NO.1)から略して引用させていただきます。

 

ーーーー

ヒールを浮かせてストロークすると真っすぐに振りやすい。

基本的にボールから離れて立つほどクラブはインサイドに入りやすく、近づいて立つほどストレートに振りやすくなる。

 

金谷クンのようにヒールを浮かせてハンドアップに構えるとボールに近く立てそのぶん真っすぐ振りやすくなる。

 逆にハンドダウンに構えると真っすぐに振りにくくなる。

 だから、パットに型なしと言ってもハンドダウンはお勧めできない。

 

ヒールアップする構えは、左に引っかかることが起こりにくくなる。

また、手首がロックされるので手先の使い過ぎは抑えられる。

 

これらの悩みを持ってる人には効果がある。

 

但し、感性の優れている人やパチンと打ちたい人には向いていない。

何故なら手の感覚は鈍くなるから。

インサイドアウトのストロークを(ストレートに近くする)中和したい人には理に適った打ち方と言える。

ーーーー

 

これはショットでも共通のことです(私のつたない経験則からです)。

ショットで青木功のようにハンドダウンで構える方は、一般にパットでもハンドダウン気味に構えます。それをあえて矯正するとぎこちないストロークになって結果につながらないように思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。