感性を養え | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

これはアマゴルフ界の重鎮、坂田哲男さんの言葉です。

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.31)から一部を引用させていただきます。

ーーーー

グリーン上でも感性は大事である。

グリーンにくれば条件反射的にキャディさんにラインを聞くプレーヤーがいるが、そんなことではシングルクラスに必要な感性は磨けない。

 

パッティングのラインというものは1つではない。

同じ場所からのパッティングでも打ち方やタッチによって違う。

ラインはそのプレーヤー固有のものと言えるわけだ。

 

トーナメントの帯同キャディのようにプレーヤーのタッチや癖を熟知しているキャディさんならば、プレーヤーに合わせてラインを読んでくれるだろう。しかし、一般のプレーヤーでその日初めてついてくれたキャディさんに、そこまで求めるのは無理がある。

 

どうしても傾斜が分からなければ、「どちらに曲がるか」くらいをアドバイスしてもらえばいい。「ボール何個」まで聞くのは野暮。

 シングルを目指すプレーヤーがすることではないと思う。

 

自分が見て、感じたラインを信じて打つことが一番。

違ったなら経験として蓄積すればいいだけのことである。

最後に頼るのは自分自身しかいないのだから。

 

「決断時に信じるべきは自分自身の感性である」

ーーーー

 

私(Green Keeper)はゴルフを始めたころ、キャディの言われるラインと自分の読みとが違っていることが何度もありました。

私の場合、当時はタッチが弱め。キャディのラインは大体が浅めのラインを示してくれていました。

 そこで、スタート前に私のタッチはジャストタッチであることをキャディに伝えていました。それでもキャディの示すラインは浅かったです(笑)。如何に私が打ててなかったかですね。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。