パーセーブの近道は | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

確実にパーオンさせることが大切だと指摘されるのは阪田哲男さん。

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.19)から略して引用させていただきます。

なお、この阪田さんのアドバイスはシングル入りを確実にするための戦略的なアドバイスと言えると思います(*1)。

 

ーーーー

パーセーブするための一番の近道はまずグリーンに乗せること。

ピンを狙うのではなく、先ずは確実にグリーンに乗せることを優先。

 

グリーンの真ん中を狙っていけば、許容範囲も広く、楽な気持ちでクラブを振れる。真ん中に乗せて2パット。

 その積み重ねがいいラウンドリズムを作る。

 

先ずは130yds以内を確実にパーオンできるように腕を磨きたい。

ゴルフは決して、ピンに寄せた回数を競うものではない。

 

ピンの絡みつくようなショットを夢見るのはアベレージクラスまで(*1)。

ショートアイアンで確実にグリーンの真ん中に乗せられるのが本当のシングルの技である。

ーーーー

 

*1:シングル入りに求められるのは、バーディーを積み重ねることではなく(それはプロの世界のゴルフで)、アマは如何に確実にパーセーブするかがゴルフと言うことを強調している言葉です。

 アマでも、その力のある方はピンを狙って行ってます。

私の同伴経験では、いわゆる片手HDCPの方でこういう攻め方の方がおられます。こう言う方は攻守のメリハリもはっきりしていて、ご一緒させてもらうことがとても勉強になります。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。