パッティングのカギ② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「パッティングのカギ①に続きます。

 

 

ーーーー

但し、グリーン上での集中力は必ずしも「入れる」ためだけに高めるものではない。

 短い上りや勝負どころで決めなければならないパッティングでは、もちろん「入れる」ことに集中する。

 しかし、ある程度距離があったり、短くても下りの難しいラインであれば、入る、入らないはある意味「神のみぞ知る」という世界だ。

 

こういうケースでは入れにいくのではなく、自分のベストのパッティングをするために集中力を高めるのである。

 

この両者の自分なりの境界線を見極めるということが非常に大切だ。

 

入る可能性が低い、長い距離のパッティングではどうか。

私は「ここは2回でいいや」とは考えない。その考えが心のスキを生じさせ、3パットを招く危険性が高まるからだ。

 このような場合にもベストのパッティングをすることに力を注ぐ。

 

どんなケースでも集中力を切らせてはいけない。

ーーーー

 

長いパッティング、結果的には2パットが妥当ですが、気を抜くと3パットありますね。1パットで入れるつもりの集中力で取り組むと、たまには1パットというご褒美もありますね。

しかし、入れたいという気持ちが先行すると、大きくオーバーさせかねません。ここでも自制と集中が必要です。

 こんな場合の1パット成功は、集中力・自制心への神様からのご褒美と考えて良いと思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。