打時加速で距離勘を得る | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

藤田寛之はヘッドを加速してインパクトすることがパットの基本であると仰ってます→「ヘッドアップ防止」

 

そして有村智恵の質問に次のように答えています。

「週刊ゴルフダイジェスト」(2013年NO.2)から略して引用させていただきます。

 

ーーーー

パットの極意はフォローを真っすぐに出すことと常にヘッドが加速しながらボールを捉えることです。

 

加速して打ったら、大きくオーバーしてしまうのでは、と思うかもしれないけれど、そんなことはない。

加速させて打っても距離勘(原文は感)がコントロールできる領域に達するまで練習あるのみです!

ーーーー

 

これって、藤田寛之のゴルフの神髄かも、ですね。

これ私が出来るって言いきれるわけじゃないのですが、加速してインパクトして距離勘を出すにはフィニッシュをしっかりと決めるようにストロークしないとできないと思います。加速してインパクトせよと言われるとそのことだけが守られてフィニッシュがおろそかになる場合がありますので、ご注意ください。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。