パターへのこだわり | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ゴルファーの殆どの方が大なり小なりパターに拘りを持っています。

中には例外もおられますが、90%以上の方がこだわりを持っているという印象です。

 パット名人の一人、藤田寛之のこだわりが雑誌にありましたので「週刊ゴルフダイジェスト」(2015年NO.4)から略して引用させていただきます。

 

ーーーー

僕はパットもショットの延長と思っている。

パターに仕事してもらうんじゃなく自分で”打ちたい”

だからエースは繊細なピン型。

 

でもKBCオーガスタはツアー唯一の高麗グリーン。

目がきつくスピードが出ないので、いつもと同じ感覚で打つと違和感がある。だから、この試合だけボールが前に行ってくれるマレット型に。

 

調子が悪い時にマレット型のような”オートマチックな”道具に助けてもらうのも一つの手。

でも僕は違う。癖のある芝対策などを除いて、道具が「お前やれ!」と言ってくれるパターに拘りたい。

 

マニュアルな道具は感覚を研ぎ澄ましてくれるからね。

如何に”感性を磨くか”ゴルフはやはりそこだと僕は思ってます。

ーーーー

 

人により拘り方が違うと思いますが、中には機能重視と言う拘りのかたもかなりおられます。

あ、顔が良いって拘り方もありますね。

どちらにしても、機能と感性の融合だと思いますし、グリーン上ではやることなすことすべてが感性依存のような気がします。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。