ボールに拘る | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

アベレージゴルファーは「どんなボールでもスコアに関係ないでしょう!?」と、自分のボールに無頓着な方が多いですが、それはゴルフの楽しみの1つを捨てているようなものだと藤田寛之は仰います。

 「週刊ゴルフダイジェスト」(2018年NO.25)から略して引用させていただきます。

 

ーーーー

自分で使うボールを自分自身で選べる競技はゴルフだけ。

これを利用しないのは、ゴルフの楽しみを1つ放棄しているようだと思いませんか?

 

確かにボール選びがダイレクトに結果に結びつくとは思わないが、上達してくるに従い、自然にゴルフに何かを求めるようになる。

 

ボールを選ぶことによって、自分の求めているゴルフがより表現しやすくなる。今は(ボールの良し悪しが)実感できないかもしれないが、「たかがボールなんて」という固定概念が植え付けられてしまうと、、、、。

 

いつか、(ボールの特性を)もっと早く知っていればよかったと後悔する日が必ず来る。

なので、たとえアベレージでもボール選びは重要。

ーーーー

 

今は公認球もたくさんあって、どれを選ぶのが良いか難しいですね。

大手の販売員はアドバイスしてくれますので、相談するとお勧めがあります。それを使ってみてから、自分の感じたことや自分の志向するゴルフをフィードバックしながら絞り込みをしてゆくのが良いのではないでしょうか。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。