爪を切るタイミング | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

爪がグリップの邪魔をしてはいけないということはどなたもご存知ですが、藤田寛之はこだわりを持っています。

 「週刊ゴルフダイジェスト」(2019年NO.23)から略して引用させていただきます。

ーーーー

爪を切るのは2、3週間に1度くらい、爪が邪魔だなと感じたら切る。

爪が短いとスイングによくないという考え。

程良い爪の長さがあったほうが力をこめやすい気がする。

 

ならば理想的な長さを保つよう頻繁に切ればいいだろうと思うかもしれないが、それはしない。

 爪を切ると手の感覚が変わってしまうから。

 

繊細な感覚を司る手の感覚が変わるということはゴルフにとって一大事。

なので、逆に伸びてしまって違和感を覚えても、試合前日の水曜日から日曜日までは絶対に爪切りはしない。切るのは月曜か火曜日。

その時足の爪も切る。

 

爪切り(器)に拘りはなく、どこにでもあるものを使っている。

ーーーー

 

逆に、短くないと気が済まないのは青木功。

2日に一度は必ず切るそうです→「青木功の爪の管理」

 

私Green Keeperは毎週一度です。

短くしてないと気持ちが悪いというだけの理由ですが、長めだと違和感を感じます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。