ボロボログリップ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

昨日の記事で、石川遼は10年もパターグリップ変えていなかったと書きました(→「フェースコントロール」)。信じられなかった方がおられますので、根拠を示します。

 

「週刊ゴルフダイジェスト」(2020年NO.11)で次ぎのように報道されています。

ーーーー

10年間使い続けてボロボロになったパターグリップを昨年の11月に交換した石川遼。

 月刊ゴルフダイジェストの記事でそれを知った松山英樹は、先日のWGCメキシコ選手権で石川と対面すると、新グリップに興味津々。

ーーーー

 

10年間使い続けるのは、握った時のフィーリングを大切にしていて、それを変えたくないからですが、石川ほどのプロですから好みのグリップを頻繁に変えてもメーカーが希望通りに提供すると思うのは私だけでしょうか。

 その拘りに驚きました。

 

新しいグリップに興味あります。

どなたか詳しいことをご存知の方は教えてください<m(__)m>。

あ、私はパターグリップは3年間くらい使い続けます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。