3mを入れる② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「3mを入れる①」に続きます。

 

ーーーー

  上下の軌道も打点を狂わせる

   芯高は多くのパターでソールから10mmくらいの高さにある

   真横から水平にヘッドを動かしてボールを捉えると、

   パターの芯でボールの赤道を捉えやすくなる。

   ダウンブローに打ったり、アッパーに打つことがなくなる

  レベルブローに捉えると赤道に当たり、転がりも方向性も良い

 

2.アドレスで腕をダラーンと垂らす(*1)

   フェースの芯で捉えるためには振り子式のストロークが良い

   歴代のパターの名手は振り子式でストロークしている

   これでフェースの開閉を抑え、真っすぐにストロークできる

   名手はほぼ全員、手元が肩の真下にある

   こうすると重力の力を借りてブランブランと真っすぐに振れる

   手元が内側や外側になると重力に逆らうストロークとなる

 

   ボールは鼻の真下(*2)

ーーーー

 

*1:松山英樹が、アドレスの時に左腕をダラーンと垂らしてからグリップに入りますね。理にかなっているといえます。

 

*2:鼻の真下よりも、ボール1~2個分左が理にかなった位置と言えます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。