3mを入れる① | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

というタイトルのD・ペルツの指導記事がありましたので、引用させていただきます。出典は「週刊ゴルフダイジェスト」(2017年NO.29)です。

ペルツさんはパット功者のP・ミケルソンも指導を受けたことがある、ショートゲームの権威の一人です。

 

ーーーー

パット数全体の約半分が2m以下で3.6m以下は4分の3を占める。

だから3m以内の克服が上達のカギ。

 

1.芯で打つこと  パターの名手は必ず芯で打っている

  どこで打っているかチェックするといい。

  芯の直径1cm以内に打点が集中していることが大切。

  どこに当たっているか、打点シールを使うと良い。

 

  真っすぐゾーンは45cm

  バックスイングで≒15cmを真っすぐに引いて真っすぐ戻し、

  フォローでは2倍の≒30cmを真っすぐ出す(*1)。

  インパクトゾーンでフェース面を真っすぐに保つのは45cmとなる。

 

  パターの芯はティーの先で叩けばわかる(*2)

  パターをライ角通りに持ち、ティの先端でフェースを叩く

  この時ヘッドがグラグラしない点がパターの芯。

 

  芯を外すとフェースの向きが変わる

  トゥ側で打つとフェースは開いて右側に外す(ショート)

  ヒール側で打つとフェースは閉じて左側に外す(ショート)

 

(続きます)

ーーーー

 

*1:テークバックとフォローは同じ振り幅で、という指導者のおられますが、私も1:2派です。加速した状態でインパクトする方が、私には距離勘が合うからです。

 

*2:ヘッドを左手で持ち、右手でボールをフェースにコンコンと当てることが良いですね。打音・打感の感じよいところがパターの芯です。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。