速いグリーンほど | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「10mを基準にする」に続きます。

ーーーー

 

速いグリーンほど

 下半身をドッシリさせ、手でなく「背中で打つ」

 

スムーズな振り子運動で打つには上体をリラックスさせて、特に両腕にゆとりを持たせ、パター全体の重さを感じながら構えることが、まず大事。

 それにはグリッププレッシャーを強めないこと。

 両掌でパター全体の重量を受け止めて、指をグリップ部分に軽くひっかける感じに握るのがお勧め。

 

そうして下半身をドッシリと、上体を前傾させて構えたら背中の動きを使って、厳密にいえば両肩甲骨辺りを積極的に動かしてストロークする。

 背中の動きにつられて腕とパターを動かせて振り子運動ができ、常に等速度でパターヘッドを動かしてうつぉうだと、と実感できるはず。

 

速いグリーンでも、ボールをヒットしてカップを狙っていけるようになる。

ーーーー

 

その前に宅練で「背中で」ストロークすることを実感しておくと良いように思います。そして、練習グリーンでその動きが再現できればしめたものです。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。