ショットとパットとの関係① | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

同じという考え方と別ものという考え方がありますが、最近は限りなく近いというのがGreen Keeperの考え方です。

 

何度も紹介させて頂いた大本研太郎さんは「パッティングとショットは必ず連動している」と仰います(「週刊パーゴルフ」2018年NO.43)。

ーーーー

実はパッティングの動きを修正することでショットが良くなる人は多い。理由は人間の身体の動かし方には一定の法則があり、ショットもパッティングも根本的には同じだから。

 

ではなぜ別ものという考え方が存在するのか。

それは体の動かし方のイメージをグリップの太さだったり、ヘッド形状だったり、何等かの要素で抑制させてアジャストさせているから。

全く別の動きだと考えるタイプの人でも実は連動している。

 

ミスパットのような悪い動きをすると、そこに引っ張られて次のティーショットで悪い動きが入ってしまう。

 

 人間の脳はそれほど優れていて、だからこそイメージを統一させることが大事。

ーーーー

で、プロゴルファーがどんなイメージを持っているかは明日に続きます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。