のろのろダウン | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「左手首に関節が無い!」で引用させて頂いた「ゴルフ『80を切る!』日記」から引用させていただきます。

 

ーーーー

「“ゆっくりしたバック・スウィング”("slow back")というのはよく聞かれる言葉だが、それだけでは不十分。

 バック・スウィングで衝動を抑えられる人は沢山いるが、そういう人々もトップに達するやいなや制御不能の興奮状態でボールに襲いかかる。

 ダウン・スウィングはのろのろと始めなくてはならない。

それが、スウィングのバランスとタイミングを損なわずに徐々にスピードを増す秘訣である」

 

ここでBobby Jonesは"slow"(ゆっくり)ではなく"Leisurely"(のろのろした、急がない、気の長い)が相応しいと、わざわざ言葉を選んでいます。

「何故なら、苦しいまでにゆっくりしたスウィングになるだろうから」だそうです。

 「覚えておきなさい。トップからボールまでの間には、スピードを増すに十分の距離と時間があるということを」

ーーーー

 

弊ブログでも「速いはミス、遅いはミスらず」など、ゆっくりダウンをお勧めしていますが、「のろのろ」は更に遅いイメージですから、心がけると良いように思います。速くなるのは焦りも感じさせますし、、、。

 

先日、私のダウンストロークがゆっくりなのに気が付いた同伴者がおられ「あのゆっくりなダウンが良いんだよな!」と呟いてました。

 私に聞こえるように言われると困りますよね。

因みにこのパットは完璧に入れました外しちゃいました(笑)。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。