パターもドラも同じ | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「カップインさせたくなる距離②」に続きます。

 

大本研太郎さんはストロークとして次のように仰ってます。

 

ーーーー

フェースが下を向くようにバックスイング

 

ゴルフはパットからドライバーショットまで、同じ動きで打てるのが理想的。パットだけ別物だったらゴルフが難しくなる。

 

フェースを真っすぐ向けたほうが、正確に打てそうな気がするが、それだと手先の操作が必要になる。

 斜めに傾いた平らな面に沿って、シャフトが真っすぐに動けば、フェースが開閉しているように見えるが、これがもっとも理想的なストローク。

ーーーー

 

ここで言われてる「フェースが下を向くように」というのは、意識してやったら却っておかしいストロークになります。

 フェースは真っすぐにいつもボールを向いてなければならないという意識を捨てて、ストロークすることが大切ということですから、今までそういう意識でやってた方は気分的に楽になると思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。