3次元振り子式ストローク | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「貫通インパクト⑦」までで引用させて頂いた大本研太郎さんは、パットもショットも同じ動きで打てるのが理想で、タイトルのような振り子式ストロークが理想的ストロークだとおっしゃいます。

 「週刊ゴルフダイジェスト」(2019年NO.25)から略して引用させていただきます。

ーーーー

①1次元真っすぐストローク

  フェースを目標に向けたまま低く真っすぐ動かす

  地面の直線をなぞるようなパターの振り方

  →手の操作が必要なためイップスの危険さえある

 

②2次元振り子ストローク

  垂直な軌道上をヘッドが動く、フェースの開閉はゼロ

  これもパターだけの特殊な振り方になってしまう

  →パターにライ角があるため難しい

 

③3次元振り子ストローク

  斜めに傾いた軌道上をヘッドが動く、自然にフェースが開閉

  すべてのクラブをライ角に合わせて同じ感覚で振れる

  →最も理想的な振り方

ーーーー

私(Green keeper)は、昔から、ショットもパットも同じであるべきというイメージ(自称:場の統合理論 笑)を持ちながらも、②を続けてきました。

 しばらく前からはセミアーク的なストロークもありと宗旨替えをしてきましたが、それは②の許容差内のものとして受け入れています。

 ③は更に強いアークのストロークが理想とのことですが、暫く宅練で様子を見たいと思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。