貫通インパクト⑦ | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「貫通インパクト⑥」に続きます。

 

ーーーー

「貫通インパクト」をマスターする3つのドリル

 

① 3でインパクトでなく1・2・3でフィニッシュ

  アドレス、トップ、フォローがそれぞれ「1・2・3」のリズムに合うようにストロークする。

 厳密には2と3の間で、わずかにひと呼吸おくことで、切り返しのタメができ、よりしっかりヒットできる

 

② カップを見ながら打つとボールが意識から外れる

  焼肉を食べながら寿司をイメージしづらいように、ボールを見つつ、意識しないのは難しい。

 カップを見て打つのは、意識を外すのに有効な手段

 

③ 目をつぶって打てばイメージも膨らむ

  目をつぶるのは、ボールへの意識をなくすためだが、前後左右の重心バランスや、体のどこに力が入っているなどもよくわかり、パット技術の向上に役立つ。

ーーーー

 

これ等のドリルは全部やるには難度が高いと思います。

①はリズムの問題で、私はほぼ合格点かと思いますが、②と③はドリルがドリルとして終わっちゃいそうです(笑)。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。