貫通インパクト⑥ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「貫通インパクト⑤」に続きます。

 

ーーーー

「貫通インパクト」のポイントは

①「体幹」でストロークする

  テークバックは体幹で上げる。その際、肩甲骨を振り子の支点(*1)として動かすイメージを持つと体幹の力を使い易い。肩自体を回そうとすると左右の肩を上下に動かすストロークになり、体幹が使いずらい。

 

②インパクトは通過点

  ボールを打つという意識があると、そこにストロークの力点(或いは静止点)が創出されてしまう。本来、インパクトは単なる「通過点」でなくてはならず、だからこそ、ヘッドのエネルギーがフォローまで貫通する。

 

③フォローは「小さく」

  パターのヘッドは奥行きがあるのでトップとフォローを「1:1」で動かしたとしても、その奥行きの分だけ、見かけ上、トップの方が大きくなる。つまりそれと同じだけフォローを出すのは「出し過ぎ」ということ。

ーーーー

 

*1:肩甲骨を支点にするって、私にはイメージできません。

  だって、肩甲骨は左右2つあります。支点になり得ない?!

   良いイメージをお持ちの方、ご開陳をお願いいたします<m(__)m>。

 

これ等を実現するためのドリルについては明日UPします。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。