貫通インパクト⑤ | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「貫通インパクト④」に続きます。

 

ーーーー

(貫通インパクトの)練習方法として、アドレスしたら、ボールをしっかり見ながらも、頭の中では全く別のことを考えながら打つというのが効果的。例えば”今日の朝食は何を食べたか”で良い。

 

つまり、道端の電柱(ボール、またはインパクト)を認識しているけれど、特に意識せずに避けて歩ける(狙った距離勘で打てる)のと、同じ状態を作ればいい。

 

しっかり打っても転がらない「貫通インパクト」がマスターできれば、パット名手のようになれるかも。

ーーーー

さらっと書かれてますが、これが難しいわけですよね、我々には。

かなりの練習量が要りますね。

でも、難しいことではないです。慣れです。

意識してやればできます。翌日忘れてました(笑)。

 

習得のドリルについては追ってUPします。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。