貫通インパクト④ | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「貫通インパクト③」に続きます。

 

ーーーー

フォローを長く出そうとすると、意図に反してパンチが入ってしまうのとは逆に、貫通インパクトでヘッドを振り抜くと、結果的にフォローは小さく抑えられた形になる。

 T・ウッズやJ・ローズ、L・ドナルドなど(*1)のパッティングを見ても分かるように、世界中のパットの名手たちのフォローが一様に小さいのは、必要以上にフォローを出さないように「抑えて」いるからだ。

 あくまでも「抑える」というのがミソで、フォローを「止める」のとは、全く違う。フォローを止めるというのは、本来、もっと先まで出るはずだったフォローを途中でやめてしまうということ。

 これだと、自分で決めたストロークをやり切っていることにはならず、パンチが入るのを回避できない。

「この大きさでストロークする」と、決めたところまででフォローを「抑える」ことで、インパクトを意識出ずに、思った通りの距離勘(原文は感)(ボールの勢いの強さ)で打つことが出来るのだ。

 

「貫通インパクト」ではボールを”打つ”ということに対する意識を如何に「消せるか」ということが大事。

ーーーー

(続きます)

*1:本文中には書かれていませんが、F・ミケルソン、谷口徹、藤田寛之もパットの名手として、大本さんは称賛しています。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。