良いミス、悪いミス | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

スタート前の練習グリーンでも、思うようなパットが打てない時ってありますよね。2~3発が思うようにいかないとイライラします。

 そんな時にこの記事を思い出してください。

 

「週刊パーゴルフ」(2018年NO.40)「良いミスショットを打て!」米田博史さんの解説記事から一部を引用させていただきます。

 

ーーーー

1.8歩の距離

  良いミス:10歩(の距離勘)で打って外す

  悪いミス:振り幅を調整して外す

 8歩を打とうとすると、ストロークに強弱をつけてフォローでヘッドが動かなくなってしまいやすいが、しっかりヘッドを動かすことが大事。

 10歩分のストロークをしても、不思議なものでおよそ8歩の距離でボールが止まる。こうなるのは人間に感性が備わっているから。10歩を打ったらオーバーするのは分かっているので、無意識に調整している。自分の感性を信じよう。

 

2.ショートパット

  良いミス:ヘッドを押し出して外す

  悪いミス:ストロークに拘って外す

 真っすぐ引いて真っすぐ出す、というようにチェックポイントの多い人がいるが、形に拘っているとヘッドがスムーズに動かなくなる。

 大切なのはヘッドを動かすこと。練習では、アドレスからテークバックせずにフォローを出して「押し出しパット」でヘッドを動かすのも良い。

とにかく大事なのはヘッドを動かすこと。

ーーーー

 

フォローを出せ、出せと言われると、ヘッドが流れて、フィニッシュがダラーっとなっちゃうかと言えば、そうじゃないと思います。

 それについては、別にUPさせて頂きます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。