打面を見る | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

基本的なことですので、不要な方はスルーなさって下さい。

 

ショットではよく言われるのが「ヘッド ビハインド ザ ボール」。

これ出来ているようで出来てない方って結構おられますね。

 私も時々これをさぼってボールをふかします(笑)。

 

パットも同じですが、パットの場合は入らないだけでOBになることはないので、その原因に気づくことはないことが多いです。

 

「打面を見よ」とは、ショットについてコーチの辻村明志さんが上田 桃子への指導の言葉として使っておられました。

 それだけ、目標を意識して集中せよという意味ですし、頭を残せという意味でもあると思います。

 

パットの場合も、分かっていても、これをさぼる方はこの意識を持つのも良いと思います。パットでインパクトの時の打面(ボールのコンタクト位置)を強く意識してストロークする。

 芯を捉える意識を持ってパットしたら、正確なコンタクトが得られるように思います。

 

これって、「左眼を動かさない」というのも同じですね。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。