世界一精度の高いパット④ | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「世界一精度の高いパット③」に続きます。

 

ーーーー

ドリル2.「ヘッドカバー挟み」で体で打てるストロークに

  

 ストローク中、余計な動きをしやすいのが手首やひじなどの関節。それらの動きを封じる練習。

  両脇にヘッドカバーやタオルを挟み、肘を脇にくっつけて固定したら、左右の前腕だけを回してグリップ。これで腕と体の一体感が生まれ、肘の余計な動きを封じ込められる。

 

ドリル3.「左足1本打ち」で究極のバランス感覚を養う

 

 パットは小さい動きなので、体は動いていないと思われがちだが、多くの人がバランスを崩してミスヒットしている。

  そこでバランス感覚を養うためのドリルがこれ。

 左足1本で球を打ちグラつかなくなったら、今度は目を閉じてトライ。  

  安定感を養うことが出来る。

ーーーー

 

2のドリルは、初めは強めに挟んでしまうと思いますが、やってるうちにクラブヘッドが落ちない程度の強さで挟むのがストロークの精度の高さに貢献するということが理解できると思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。