世界一精度の高いパット③ | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「世界一精度の高いパット②」に続きます。

で、これらのスキルを身に付けるドリルが紹介されています。

 

ーーーー

ドリル1.「低空フォロー」でボールの芯を打ち抜く

 

アマチュアの多くはアッパーに打った方がボールの転がりがいいと勘違いしているが、アッパーで打とうとするから右に体重が残って左ひじが浮き、バランスを崩してミスが出る。

 球を打ったあと左のつま先の前に置いた2つのボール(≒20cm先)を同時にヒットできなければ正しいストロークとは言えない。

ーーーー

 

低くフォローを出せというのは多くの指導者や解説書の指導です。

しかし、理論的に考えると、芯を捉えてアッパーブローに打ち抜くのが一番転がりが良く、ロボットを使った実験でも証明されています。

 但し、大きな誤解はここからです。アッパーに打てというと多くの方が擦り上げるように打つんです。それは絶対にいけません。

だから、指導者はそういう心理的なミスをさせないように、低くフォローを出せと指導するのだと思います。

 頸骨を支点にした自然の振り子でストロークすれば、自然にアッパーブローに打て球足の良い転がりが得られます。

 この場合、頭を動かすとミスになりますので、フォローでもボールのあったところを見続けるのが効果的です。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。