世界一精度の高いパット② | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「世界一精度の高いパット①」に続きます。

 

ーーーー

ストローク中に手首がおれない握りにする

 

パットで最も悪いことは、パターを小手先で操作すること。手が邪魔すると全ては台無し。手の動きを封じ、自分が出しゃばらず100%パターに仕事させたい。そのためのポイントの1つがグリップ。

 私は掌を向き合わせサンドイッチのように両手で挟む握り方をお勧めしている。パットのグリップは人によってさまざまだが、要は左手首が折れなければOK.。左手首が折れる時は右手が余計な動きをしていることが多い。右手はあくまでグリップに乗せるだけ。右手は日陰の存在にしておく。

 

1.左前腕とシャフトは一直線

  ストローク中に左手首を捏ねないために、左前腕とシャフトは一直線にしておきたい。こうすることで、手首の動きを抑え、ローテーションを防ぐ効果がある。右手に邪魔されないよう盤石な状態を作っておく。

 

2.グリップは左手に真っすぐ当てる

  左手甲とグリップエンドが釘でしっかり打ち付けられ、固定されている感じになれば、左腕の延長線上にシャフトがあるイメージがより強くなる。

 左手はホールド感があってよいが、右手はグリップに乗せるだけ。

ーーーー

 

ゴルフでは左手は舵、右手はエンジンと言われますが、パットでも同じであるということですね。

 右手は添えてあるだけとのことですが、振り子式でストロークする場合、ユルユルグリップでも、距離勘は右手で得ていると思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。