INtoINの軌道④ | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「INtoINの軌道③」に続きます。

出水田大二郎もインサイドインの軌道で気づきがあったそうです。

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.41)から引用させていただきます。

 

ーーーー

ボールからヘッド1個分離れたら転がりが良くなった

 

先週までパットでヘッドがスムーズに動かず窮屈なストロークと感じていた。

その原因がボールとの距離にあると気付いた。

ボールに近く立ちすぎていたので、ヘッド1個分離れて立ってみると、インサイドインの軌道でボールがしっかり捉まるストロークに変化。

 

おかげでラインに乗せやすくタッチも合うようになった。

ーーーー

 

(該記事はマイナビABC2019時のものです)

 

 意識的にINtoINの軌道というよりも、私が試した範囲では、セミアークのストロークというか「自然にストローク」する方が、無理なくストロークできるように思いました。

 しかし、ストレート一辺倒でパットしてきた私にとっては、目から鱗でもありましたし「自然なストローク」に目覚めさせてくれました。現場でのストレスが軽減されそうで、これらの記事で感謝しています。

 

このシリーズは今回で終わりですが、INtoINの軌道で転がりが良くなったということの紹介でした。

他にもありました!明日に続きます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。