INtoINの軌道② | パット上達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「INtoINの軌道①」に続きます。

 

重永亜斗夢の気付きについて、「週刊パーゴルフ」(2019年NO.396)から引用させていただきます。

 

ーーーー

インサイドインの軌道に換えたらボールの転がりが良くなった

 

パッティングの際、ヘッドを真っすぐ引いて真っすぐ出す意識が強かったせいか、テークバックでフェースが下を向いた状態になっていた。

 このまま下ろすとロフトが立った状態でボールを捉えるため、スムーズに転がらない。

 

インサイドインの軌道に換えたら、インパクトでロフト通りにボールを捉えることができ、転がりも良くなった。

ーーーー

 

真っすぐ引いたらその位置ではロフトが立って見えますが、ダウンからインパクトにかけてロフト通りに戻るのですが、ご本人の見た目は大切ですね。

 手首を捏ねてれば別ですが、そんなことはあり得ないと思います。

あくまで、ご本人の印象。でもインサイドインにすることで転がりが良くなるわけですから、正解です。

 現場力が高まったと言えますね。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。