シブコの秘密③ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「シブコの秘密②」に続きます。

 

ーーーー

ストロークのコツ2 ボールを捕まえる

 

トゥ打ちで押し込む

 

インサイドからアッパーに打てるようになったら、トゥで打つ練習をする。敢えてフェースのトゥで打つことで当たり負けしなくなり、自然とフェースローテーションが出来る。

 フェースを真っすぐ出す意識を持った人がトゥ側で打つと、オフセンターで当たり負けして、ボールは右に逃げてしまう。だから当たり負けしないように、トゥを押し込んでゆく。

 真っすぐに引いてから押し込んでゆくと、今度は引っかけてしまう。

 だから、インサイドから打つことが大事。

ーーーー

 

ストロークのタイプにもよると思いますが、初めは意識的にアークを描くような練習で要領を覚えるのが良いと思います。

 しかし、少し慣れてきたら、意識しないでセミアーク的なストロークでボールを捉えるのが良いような印象です。

 私の場合、未だ実戦で使えるまでの練度はありませんが、朝練ではこれを続けたいと思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。