シブコの秘密① | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

思わせぶりなタイトルで恐縮ですが、引用元が「強気パットの秘密はインサイド・アウト」とのタイトルでしたので、使わせていただきました<m(__)m>。

 それに渋野のパットについては既に「シブコのパット①」「シブコのパット④」までUPしてますので、被らないタイトルにしました(笑)。

 

「ALBA」(783 2019年11月4日号)から略して引用させていただきます。

 

ーーーー

渋野日向子のストロークを上から撮影したら、インサイド・アウト軌道で、フェースを閉じていることが分かった。

 もともと右に押し出す傾向があったため、フェースの開閉がしやすいピン型パターに換えてフェースローテーションを覚えた(ご本人)そうです。

プロはフェースを真っすぐ出そうとして、フェースが開いて(ボールが)逃げることを一番嫌う。これでは強めに打ち出せない。

インサイドからボールを捕まえて打てば、強気なパッティングが出来る。渋野もタイガーもドローのイメージで打っている。

ーーーー

 

付録には、渋野のストロークをなぞれるようなシートが付いていて体感できるようになっています。私はKINDLE版なのでこのシートは使えません(泣)。

また、ご本人のコツについてのコメントもありますので、続けて引用させていただきます。

 

先に「パットは丸く振る①」「パットは丸く振る⑥」までUPしました。

これはかつてT・ウッズや石川遼を指導したM・フィルマルターさんの解説でした。

 このときゴルゴルさんからのコメでALBAの記事を知りました。

ゴルゴルさんありがとうございました<m(__)m>!。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。