ピン横からの1m③ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ピン横からの1m②」に続きます。

 

ーーーー

入り口からラインを想像する

 

ボールがカップのどこから入るか、入り口を見つけたら、その入り口からボールまでのラインをイメージする。

 

ボールがどんな曲がり方をしてどのくらいのスピードで転がるかを想像して、カップからボールまでを1本の曲線で結ぶ。

 

大きく曲がるラインほど、ジャストタッチ。

強く打つとカップをなめて飛び出してしまう。

 

スパットに向かって真っすぐに打ち出すタイプ(の人)もいますが、ボクはスパットは要らないと思う。曲がるラインの向きに(ボールのナビ)ラインを合わせて、その方向にストロークする。

 

また、ピンありの方がカップイン率は上がる。

慣れの問題があるので、ボク(佐藤大平)はピンを抜く。

ーーーー

 

急傾斜の場合はジャストタッチが鉄則で、カップの真上から入れるつもりのラインを想定するのが無難です。こうすると外れても返しのパットは真っすぐな上りになるので2パットには収まります。

 このようなケース(急斜面の真横)では狙いながらも、外れることが多いので、2パットで必ず入れる、上手くいったら1打で入れるという攻め方が正解と思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。