ピン横からの1m② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ピン横からの1m①」に続きます。

きつい傾斜の真横1mはタッチとラインがドンピシャじゃないと、何度も往復する危険。先日やらかした私には身に沁みます!

 鬼も嫌がる横1mについて、パットの名手佐藤大平の解説です。

 

ーーーー

ボールの入り口を見つける

 

曲がるラインで最も大切なことは、ボールの入り口を見つけること。

 

入り口は、グリーンの傾斜がきつくて、スピードが速いほど、どんどん横(即ち、カップの上。打つ側から見たら3時)に回り込んでゆく。入り口を見つけたら、そこからラインをイメージできる。

ーーーー

 

急傾斜で速いグリーンだと真横になりますよね。

ここまでは問題ないのですが、たった1mでもカップジャスト距離勘を合わせるのは至難です。

私の朝練は2m、1.5mにドンピシャ合わせるドリルも含みますが、結構厳しい課題です。1mでも同じだと思います(理屈からは短ければ易しいはずですが、、)。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。