ピン横からの1m① | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

急な斜面の真横1mって緊張します。

その解説記事がありましたので、引用させていただきます。

記事(「週刊ゴルフダイジェスト」2019年NO.11)中、ストロークを安定させる方法がありましたので、先にそれを紹介させていただきます。

 解説は佐藤大平(2018年AbemaTVツアー賞金王)です。

 

ーーーー

ストロークのコツは、実はあまり人に言ってないが、両脇を使う。

ここを意識すると、ストロークがすごく安定します。

 両脇の下の大円筋のあたりを意識してストロークすると、軌道が安定する。何故かは分からないが、両脇の下を使って振るとストロークが安定する。プロの中では少数派だが、ボクは絶対にここ。

 

ヘッド軌道はイン・トゥ・イン。

真直ぐ振るプロもいるが、ボクは自然に振れるイン・トゥ・インでストロークする。軌道に沿って、フェースもわずかに開閉する。

ーーーー

 

先日、4パットやってしまったGreen Keeperは早速試します。

練習ではなかなかいい感じ。

ここを意識したストロークは、自然にイン・トゥ・インになるような感じがします。

真横の1mの入れ方については、追って紹介させていただきます。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。