パットは丸く振る④ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「パットは丸く振る③」に続きます。

 

そして、M・フィルマルターさんはアドレスについての重要性を説いています。

 

ーーーー

打ち出し方向に大きく影響するのが、アドレスの「姿勢」、「ボール位置」、「体の向き」。

 ストロークが完璧なプロでさえ、この3要素の微妙なズレによって不調に陥ってしまうこともある。

 

正確なアドレスが方向性をアップさせる

 カップの幅で狙うのと、時計の6時を狙うのでは難しさが大きく違う。

 でも、細かく狙えなければ、微妙に切れそうなラインのカップ内側ギリギリには打てない。正確なアドレスは、方向性をアップさせるためにも必要。

 

1.姿勢

  背中を丸めず、真っすぐにするとストロークしやすい(*1)

 

2.ボール位置

  体の中心より少し左に置きたいので、左眼の下がベスト(*2)

 

3.体の向き

  右腕と左腕が同じ高さになれば、正しく構えられる(*3)

ーーーー

 

*1:背中が真っすぐだと軸が意識しやすく、ストロークもやりやすい。

*2:左眼の下が、転がりも良くなります。

*3:グリップは高さを揃えるのは難がありますが、

    ここでいう腕の高さとは、下腕を水平迄持ち上げた時に

    両肘の高さが同じになるの意です。

 

なお、言葉では説明されていませんが、文意から、フィルマルターさんはスクェアなアドレスを前提としておられます。

 

完璧なストロークが出来ても、現場ではライやグリーンの形状、或いは周辺風景に騙されて、正しいアドレスが出来ない場合があります。

 日ごろから、スクェアにスッと構えられるようなルーティンが大切だと思います。

Green Keeperもオールスクェアなアドレスをお勧めしています。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。