パットは丸く振る③ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「パットは丸く振る②」に続きます。

M・フィルマルターさんは、パットのリズムについて次のように解説しています。

 

ーーーー

1.心の中で掛け声をかける

  ストロークで大切なのはリズム。

  いつも自分のリズムでストロークするために、掛け声を見つける。

  お勧めは「ブーン、ブーン」(テークバックとダウンストロークに対応)

  声に出さなくていい。心の中で唱える。

  大多数の人にマッチするはず。

 

2.肘を開けずにまーるくストローク

  ストロークは右手を丸く振る感覚。

  だから、肘を体から離さないように振る。

  グリーン上にいなくてもパット練習は出来る、ということ。

 

3.ゆっくり振る人はソフトに握る

  同じリズムで振るには、ストローク中のグリップの強さを変えない。

  スネディガーのように速いリズムならグリップは強く。

  クレンショーのようにゆっくりならソフトな握りが合う。

ーーーー

 

無言で自分に声をかける。一般に自分のリズムよりパットの場合(特にショートパット)はリズムが速くなりがちですので、ゆっくりに戻すには良い方法かも、ですね。

ブーンとブーンの間(トップ)では一呼吸おける(間が取れる)と、距離勘も良くなると思います。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。