左肘のロック補足 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

先日、肘のロックについてUPしました。 →「左ひじのロック」

 

じゃあ、脇はどうするの?というお話を頂きました。

 

考える必要はありません。

ショットの場合は脇を締めろと言われてますので、パットの場合も脇を締めるという発想かと思います。勿論、適度に脇を締めるのはストロークの安定(再現性を高める)という意味で大切ですから、それをなさってる方はそうなさってください。

 

肘をロックすると、手首もロックされます。

そして、振り子式のストロークでは肩(腕の付け根=肩関節)はフリーが理想です。ひじをロックすると手首もロックされ、肩はフリーになります。これが自然にできます。

 

ショットの場合は逆で、手首を柔らかく使いたいので、脇を締めておきたいわけですね。人間の身体(関節や筋)って上手く出来ています。

 

振り子式でスムーズに、そして再現性の高いストロークをと考えてる方は是非お試しください。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。