スパットの活用 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

昨年ツアー初V(→「リゾトラ2019」)の原 英莉花。

定評のあるショットに加えて、パット力が上がってのツアーVでした。

 

その1つにスパットの活用があるようです。

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.30)から略して引用させていただきます。

ーーーー

今まではカップに対してラインをイメージしたらそのラインに乗せるつもりで打っていた。

 ただ、自分の読みが合っているか不安の時もあったので、ライン上にスパットを見つけ、それに対して単純にヘッドを真っすぐに出すように変更した。

 ラインの読みが間違っていたとしても、距離勘(原文は感)だけを考えて打つようにしたら、カップインの確率が上がった。

ーーーー

 

ストロークするときに複数のことを考えていたら、入らないことを覚悟しておられる方は多いと思います。

 その時点では距離勘だけに専念してストロークすることが鉄則です。

なお、パット上達にはこんな努力もあったようです

「原 英莉花のパット力向上」

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。