短いパットのテークバック | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

ショートパットの場合に、バックスイングが大きいことでショートパットを外していたという大城さつき。

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.19)から略して引用させていただきます。

ーーーー

(大きいバックスイングから)そのまま打つとオーバーするからとインパクトを緩めていたので、テークバックを小さくしたが、今度は飯島茜さんから「テークバックが小さいことでリズムが早くなっている」と指摘された。

 そこで、テークバックをゆっくりのリズムにしたら入るようになった。

ーーーー

 

大城の気づきについては過去ログもあります。

「ハンドファースト」「テークバックをしっかり」

 

これ、私(Green Keeper)も苦労の挙句に、このやり方を採用しています。意識的にゆっくりバックスイングすることでショートパットに適度な振り幅が得られます。練習ではいとも簡単にできますが、実戦でのクラッチパットでは、常にこれを言い聞かせてからパットするようにしています。

自分固有のリズムに対して、早いはミス、ゆっくりはミスらずです。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。