SGPopen最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

リオ5輪金メダリストのJ・ローズ、銀のH・ステンソン、銅のM・クーチャーがここに集結と言うことはお三方とも東京5輪をターゲットにアジアでの開幕戦に臨んだのではと想像しましたが、そのクーチャーが逃げ切ってVを手にしました(-18)。

 

2位はローズ(-15)、3位には昨年の覇者J・ジェーンワタナノンド(-14)。

日本人最上位は6位Tの木下稜介(-11)で全英オープンの出場権を得ました。

 

クーチャーのパット。

ボールは左耳の下に置いてます(*1)。そしてクラブは短く握り構えるので、前傾が深く、頸骨がほぼ水平迄傾いています。

 アドレスを正面から見ると、左腕とパターが一直線、ライン後方から見ると下腕とパターが一直線(ハンドアップ気味)です。

テークバックは小さめですが、フォローで距離勘を出していてこれがドンピシャです。

 パッティングにおいてもストロークが全く緩まないですね。

 

*1:左眼の真下にボールを置くというのが一般的ですが、宮里藍がLPGA(米)で何勝もしていた時は左耳の下にボールを置いていました(ご本人がその認識だったか否かは不明)。

 転がりの良い位置と言うことです。

私(Green Keeper)は左眼の真下、或いはボール1個から2個くらい左(カップ寄り)をお勧めしていますが、その位置は左耳の下と言うことになります。

 理屈通りにパットしてくれる方がツアーで勝つと嬉しがるKeeperです(笑)。

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。

 

リクエストにより、本文の文字ポイントを少し大きくしました。ご了承願います。