軌道のイメージ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

今年プロ5年目の蛭田みな美。

ツアー未勝利(ステップアップ1V)ですが、昨季は予落も多かったですがTポイントとCATでそれぞれ4位Tなどトップ10フィニッシュ4回と上位進出もあり、今期の更なる活躍が期待されます。

 

そんな蛭田の開眼?を紹介する記事がありましたので、引用させていただきます。出典:「週刊パーゴルフ」(2019年NO.32)

 

ーーーー

ボールがカップに入る軌道イメージを作った

 

ずっとパットが不調だったが、meijiカップで同組の渋野日向子さんのカップに入れていくプレーを見て触発された。

 

私もボールがカップに入っていく軌道イメージを作ることにしたんです。

 

同時にボールの全周に線を引き、ボールの転がりを確認する練習を始めたら、7連続バーディーという結果に結びついた。

ーーーー

 

カップに入るイメージには入るときのバールスピードを想定していると思います。これは必ずカップをオーバーするという距離勘をもたらします。これって、カップをどれだけオーバーさせるか、終点(ボールの止まる位置)を明確に決めると自動的にラインも決まり、距離勘も出しやすくなると思います。

パットの神様(青木功)も仰ってます「カップはボールの通過点」。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。