ゆっくり上げる | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

3年ぶりにツアーVを成した金庚泰→「CASIOopen2019」

パットイップスであったと報じられていましたが、その兆候らしきこともあって、それが記事になっていることも分かりました。

「週刊パーゴルフ」(2019年NO.21)から引用させていただきます。

今年のミズノオープンの頃の記事です。

 

ーーーー

バックスイングが上がらなかったが、 ゆっくり振ることで動くようになった

 

春から試合でも練習でも、パットでバックスイングが上がらなくなった。

握り方やスタンスの幅を変えたり、尻から始動したり、と試行錯誤したがどれもダメ。

 

私は前腕部を動かしてストロークするが、今まで以上にゆっくり上げる意識にしたら動いた。

 でも動画で見ると普通のスピード。

上がらないから、素早く上げようとしていたようだ。

ーーーー

 

パッティングで尻から始動まで試みるとは、第三者が見ると笑えちゃうようなことですが、イップスにおける心理状態は、まさに「藁にも縋る」思いなんです。これは経験者しか理解できないと思います。

 

私のAPイップスもいろいろ試行錯誤して、左ひざからのテークバック始動、ダウンの始動を行うことで脱出出来ました。人によってやり方は違うと思いますが、ふとしたことでイップスになり、ふとしたことで治るのもまたイップスではないかと思います。

 

なお、その後にも再発したようで、昨日の記事に書いたように金庚泰はメンタルトレーナーのアドバイスで治ったと報じられています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。