CASIOopen最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

3打差3位Tから出た金庚泰が8〇ノー△で回り逆転で勝利しました。

64はコースレコードTと報道されています。

 

2打差の2位はS・ノリス。

更に1打差の3位はA・クウェイル。

更に1打差の4位にS・ハン。

更に1打差の5位はC・キム、宮本勝昌でした。

 

金庚泰は「ミズノopen2016」以来の3年ぶりのV。

 

金のパットの上手さは手首の角度が全く変わらないことです。

これは、藤田寛之や池田勇太、谷口徹らに共通した特徴です。

 

なのに何故、今期はなぜ7試合連続(日本プロから東海クラシック)の予落?!

 熱中症にでも罹ったかと心配していました(彼は患った経験あり)がそうではなく、イップスだったようですね。

 

昨年の肩の疲労骨折が今年再発し、癒えたら今度はパッティングのテークバックが上がらなくなったそうです。

即断即決のプレーを信条としてきたが、メンタルトラーナーの指導を受け「気持ち悪いと思ったら1回構えを外すことがあってもいい」とのアドバイスで悩みが晴れたそうです。

 

涙の今季初Vには、こういう背景があったんですね。

 

APイップスで涙した私には、彼の気持ちが良く分かります。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。